ドーナツアンプとトスカスピーカー

少し変わった君が、ソレをみんなに届ける話。

地球卵と無口なヒヨコ

久しぶりに漫画喫茶に行ってきた。

会員カードを見たら、ざっくり3年ぶりくらい…

 

親知らずとサヨナラをし、少しスッキリした気分と

痛み止めがないと、痛み止めを飲むという動作さえできなくなるくらい痛い。

一週間はこの痛みが続くとのことでビクビクしている。

痛みのせいで長時間は寝れないことや、食事も中途半端なので

あまりアクティブにはなれない中、自宅でおとなしくしていたのだが

飽きてきた。

痛み止めが効いていたおかげで、

「少しくらい外に出て気分転換できるんじゃないか」と思って勢いで行ってみた。

 

結果、3時間でギブアップ退散帰宅だった。

痛み止めの効果が切れてきて滞在の半分くらいは痛みが気になっていた。

 

とはいえ、今回びっくりしたことは「無人化」。

漫画喫茶もセルフで利用することができるように進化していた。

カードを機械にかざす。退出時もカードをかざして機械に入金して支払い。

 

こちらから話掛けなければ店員さんと一言も離さないで利用が可能だった。

 

先日行った映画館もそうだった。

窓口やカウンターでチケットを購入するのではなく、

タッチパネル式の機械でチケットの購入が可能だった。

 

どんどん人と話さない世界になっていってる。

 

 

ふと思ったこと。

僕は自分の感情を自分だけにゆだねてきたことが多かった気がする。

人と一緒にいるときに、人に自分の感情を任せずに

自分勝手に決めながら生きてきたような気がした。

 

人にゆだねるというのは例えば、

一緒にいる人が喜んでいたら自分も喜ぶとか

悲しむとか、怒るとか、「その場の空気」的な。

 

もちろん僕も相手の気持ちも考える。

喜んでいたら一緒に喜んであげたい。

しかし、それは「本当に喜べる内容かどうか」次第で感情が決まる。

なかには喜んではいけないような内容だってある。

 

水をさしたって、言わなければいけない時だってあったように思う。

 

人と関わらなくても自分の感情は確認できるが、

これだけ人と関わる機会が減っていくことには違和感がよぎる。

 

ビカクからメッセージがきた。

僕が送った荷物を受け取れないまま一週間くらいは自宅には帰れないので、

荷物が僕のところへ返ってきてしまうかもしれないから。

という内容だった。

 

遠征に出る前に受け取れるかな。と思って送ったのだが、

ニアミス、タイミングが難しかったようだ。

 

黒猫さんに事情を説明したところ、本来だったら送り主に戻ってしまうところを

ビカクが自宅に帰る頃まで営業所で保管してくれることになった。

 

ありがとう黒猫さん。

 

秋田、名古屋、大阪を移動して自宅へ戻る頃にはクタクタだろうと思う。

 

ビカクがこの一週間で見たり話したりする人間の数と

僕がこれからの一週間で見たり話したりする人間の数には

天文学的な違いがある。

 

そう考えると、なんとも言えない不思議な気持ちになる。

 

世界は色々、極端だなぁ。と思った。