ドーナツアンプとトスカスピーカー

少し変わった君が、ソレをみんなに届ける話。

seed, dirt, water and sun

僕が考えつかないアイデアをいつも与えてくれる。

 

それは何気ない話の中でのことだったり

真剣な話だったり

ジェットコースターの話だったり

入り口と出口の話だったり。

 

内側と外側を行ったり来たりしながら話しをする。

 

今回、僕は悩みがあってビカクに相談した。

誰かを深く悲しませてしまうかもしれない状況を僕は恐れていた。

 

悲しむことも現実なのであれば それを突きつける仕方なさも

受け入れなければいけないのかもしれない。

しかし、それはあまりにも安易なことに感じた。

だから世界は変わらないような気がして僕が作りたい世界とは違っていた。

 

受け入れることも当然のように必要とされる

でも物心がついて少し過ぎたくらいから疑問を感じることが多かった。

ならせめて、自分の範囲の世界くらいは変えていきたいと。

 

必死になり過ぎていたことに気づかせてくれたのはビカクの言葉だった。

ここ数年、僕がみていた物語の登場人物達の多くは

泣いたり、わめいたり、絶望の中だったり、たくさん傷着いたり

命を削りながら守るもののために戦っていた。

 

今の時代はそれが美徳とされているのかもしれない。

物語として成立しやすいのかもしれない。

 

兎にも角にも みんな必死だった。

必死じゃないといけないと思っていた。

笑顔なんてなかった。

 

僕は笑うことを忘れていた。

 

 

彼が僕に託してくれたことは

「笑って戦うこと」

 

それが僕らしいとさえ言ってくれた。

 

ずっと忘れていた。

 

笑顔で戦う。という感覚。

 

どうせ戦うなら 笑って挑むこと。

 

僕が「ちゃんとしなきゃ」と言った時、

「もうじゅうぶん「ちゃんと」やってるんだよ」

と言われた時、初めて「ちゃんと」心臓が自分の体の一部だと受け入れることができた感覚があった。

 

まだ足りない。

もっとちゃんとしなさい。

あなたには出来ない。

 

染み付いていた色が抜けていった。

 

呼吸している自分を受け入れられるようになった。

 

笑って戦う自分も準備できた。

 

ビカクからもらった木材でテーブルを作る。

針と糸で服を縫う。

紙に絵を描く。

種で恵を愛でる。

 

「方法」はもらった。

あとは僕が最高にそれを使いこなす。