ドーナツアンプとトスカスピーカー

少し変わった君が、ソレをみんなに届ける話。

#10 サンバ、エイサー、ヨサコイ

祭りをテレビで見ていた。

浴衣で屋台。なお祭りではなく、地域活性化系の昼間のフェスティバルのようなお祭り。

交通規制で歩行者天国になった道路を様々なグループがパレードをしていく。

ブラジルさながらの衣装をまとって踊るサンバ。

太鼓を脇腹に抱え、器用に動き回るエイサー。

鳴子がカタカタと小気味の良いよさこい

 

どれもリズムが心地良い。

 

祭りって、ダンスって、民族って、儀式ってリズムなんだよなぁ。

なんて思いながら。

 

幼稚園生のおチビちゃんたちも一生懸命参加していて、可愛かった。

旗を振っている子や踊っている子やお神輿を担いでいる子。

 

吹奏楽ブラスバンドバトントワリング

見ていると華やか。

 

うたた寝から意識が戻りつつ鼓膜をくすぐったのは、付けっ放しになっていたテレビから流れてきたTHE BOOM島唄だった。

 

昼間、エイサーを見ていたので「夏が近づいてきた」感を感じながら

ふと現実に引き戻された。

 

ビカク元気かな。と。

 

基本的にいつも考えてはいるけど、雲のようにふわふわとしている。

 

昔話しをしていた時、ほとんど邦楽を聴かないビカクが島唄は好きだと言った。

クラスメイトに借りたことがあって、あの曲は好き。と

 

思い出した。

 

あと10年経ってビカクから連絡なかったら、こちらから連絡してみよう。

なんて考えながら二度寝するかどうか迷った。

 

きっと10年経ってもTHE BOOM島唄は名曲だ。