ドーナツアンプとトスカスピーカー

少し変わった君が、ソレをみんなに届ける話。

#9 伊藤計劃トライアングルnine.

伊藤計劃のアニメーション映画を2本観た。

「ハーモニー」と「屍者の帝国

 

どちらかというと屍者の帝国の世界観の方が好きだった。

ただ、ハーモニーの構想もすごいと思った。

まさにサイバーパンク

 

とはいえ、何が嬉しかったかというとハーモニーの小説の目次が全てnine inch nailsの曲名らしい。というのを知った時にワクワクした。

映画を先に見てしまったので小説は読んでいないのだが、映画を観ながら

「この章にどのタイトルがあてられたのだろう」

と想像しながら観ていた。

 

僕もnine inch nailsは好きだが、ビカクのnine好きには驚かされた。

ライブDVDを見ながら「この照明がすごいんだよ」と言った時に

照明を見ている角度に心が躍った。

 

確かにトレントの照明エフェクトはすごかった。

後にも先にも「照明」がすごいと思ったのはnineとbjorkくらいだった。

 

そんなこんな、伊藤計劃のnine愛も嬉しかったのだが、

さらに嬉しかったのが伊藤計劃メタルギアの関係。

 

小島秀夫フリークだった伊藤計劃は小島さんから頼まれて

メタルギアソリッドのノベライズを担当したらしい。

 

伊藤計劃nine inch nails, メタルギアソリッド

 

とてつもないトライアングルだ。

 

他のトライアングルに例えたいけど、何も浮かばない。

 

旅館の朝ごはん、綺麗なおかみさん、温泉卵。

くらいしか思い浮かばない。

 

桜木花道ファイナルファンタジーキラーマシンを倒す。

くらいしか浮かばない。

 

 

ビカクはメタルギアが上手かった。

隠れるのがうまい。

僕のスネークはすぐ見つかる。バレる。

先に進めない。

 

ビカクは忍者が派手に暴れるゲームに首を傾げていた。

「忍んでない」と。

そりゃそうだ。スネークの方がよっぽど忍んでる。