ドーナツアンプとトスカスピーカー

少し変わった君が、ソレをみんなに届ける話。

#2 リック・ルービン

Yahooニュースを見ていた。

BABYMETALとレッチリがマイアミで共演した記事を見かけた。

BABYMETALは聞かないが、Yahooニュースでレッチリを見ることは新鮮だった。90年代から活躍しているオルタナ系のロックアーティストを国内のニュースで見る機会が少ない。BABYMETALと共演していなかったらニュースにすらならないんだろうと思うと、彼女達に感謝だ。来日すればソールドアウトする洋楽アーティストに関してはもう少しピックアップしてくれてもいいのにな。とも思ったりする。

 

僕がレッチリを聴いて過ごした時間は多分、真剣にテスト勉強に費やした時間よりも長いと思う。前者が多いのか、後者が少なすぎるのか。

いずれにせよ、リリースされているアルバムの数も多く、アルバムごとの色も濃いので聴き込むことになる。

カリフォルニアで作られた曲達は、不思議と日本の四季や時間に不思議なくらいマッチする。朝も夕方も夜も似合う曲を生み出すアーテイストは多くは無い。

 

レッチリが好き。という人には会ってきたが、彼と話しているときが一番楽しかった。

僕らはレッチリの話をする時に、リック・ルービンの話をした。

リック・ルービンはプロデューサーで、彼が関わることになってからレッチリの作品は劇的に良くなった。ロックだけではなく、ヒップホップやポップスまで幅広く手がけている。最近ではアデルのプロデュースもやっているらしい。

 

そういう話をするのが楽しかった。